サラブレッド軽種馬における競走期に影響を及ぼす育成期の発育期整形外科的疾患の調査

サラブレッド軽種馬における競走期に影響を及ぼす育成期の発育期整形外科的疾患の調査

レコードナンバー912511論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名前田 昌也
佐藤 文夫
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ70巻・ 5号, p.297-302(2017-05)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (1535KB) 
抄録軽種馬の育成調教や競走成績に影響を及ぼす発育期整形外科的疾患(DOD)を回顧的に明らかにすることを目的に,国内の軽種馬生産牧場に対して,育成期全般に罹患したDODを含むすべての疾病について聞き取り調査を実施した。その結果,DODとして,腰痿,近位部関節の離断性骨軟骨症,骨端炎,肢軸異常,屈曲異常及び軟骨下骨嚢胞があげられた。競走馬登録された個体の中で,種子骨炎,腱炎,外科手術を要する疝痛を罹患した個体は,病歴があげられなかった個体と比較して,初出走の時期が有意に遅延していた。一方で,購入前検査で発生率が高い遠位部関節の骨病変については競走への影響を訴える回答は得られず,深刻な症状を呈していない例が多いと考えられた。
索引語育成期;影響;個体;発育期整形外科的疾患;罹患;すべて;腰痿;購入;検査;発生率;育成期;影響;個体;発育期整形外科的疾患;罹患;すべて;腰痿;購入;検査;発生率
引用文献数12
登録日2017年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat