日本各地における木材の気候値平衡含水率

日本各地における木材の気候値平衡含水率

レコードナンバー912576論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010758NACSIS書誌IDAN10164318
著者名齋藤 周逸
信田 聡
書誌名森林総合研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute
発行元森林総合研究所
巻号,ページ16巻・ 3号, p.163-211(2017-09)ISSN09164405
全文表示PDFファイル (7906KB) 
抄録日本における木材の平衡含水率は15%と考えられている。これは過去の気象値や実験的データに基づいていると考えられる。気象情報から得られる木材の気候値平衡含水率に関した文献は従来からあるが、測定点は多くなく、主に都市部であった。近年、国内における気象測定地点や経年値等の気象データは増えた。ここでは、1981~1995年の気象データと木材の平衡含水率図表に基づいて、改めて木材の気候値平衡含水率の検証を行った。その結果、全国842測定点の気象データから、木材の気候値平衡含水率の全国平均は15%、その範囲は12~19%と、従来からの報告と変わらなかった。ただし、今回算出された数値は、データ数が大幅に増えたことで都市部の比較的低い値と寒冷地の比較的高い値が平均化された結果である。従来の報告にある都市部の測定地点に限定して比較すると、今回の検証の範囲では木材の気候値平衡含水率は13.5%~13.7%と低下傾向であった。
索引語木材;気候値平衡含水率;都市部;気象データ;値;検証;範囲;報告;過去;1995年
引用文献数16
登録日2017年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat