食品市場由来の海産褐藻類のポリアミン分析

食品市場由来の海産褐藻類のポリアミン分析

レコードナンバー912618論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20569950NACSIS書誌IDAA12847910
論文副題ジアミノヘキサン,ペンタアミンおよびヘキサアミンの分布
著者名浜名 康栄
小林 正樹
古地 壯光
林 秀謙
新津 勝
書誌名日本微生物資源学会誌
発行元日本微生物資源学会
巻号,ページ33巻・ 1号, p.3-8(2017-06)ISSN13424041
全文表示PDFファイル (430KB) 
抄録大型海産褐藻類の16種(ヒバマタ,アルギット,アカモク,ヒジキ,マコンブ,カゴメコンブ,ワカメ,ヒロメ,カジメ,クロメ,アラメ,ツルモ,モズク,オキナワモズク,マツモ,ハバノリ)を市場より入手し,過塩素酸抽出後のポリアミン濃縮画分を高性能液体クロマトグラフィー(HPLC)と高性能ガスクロマトグラフィー・質量分析(HPGC-MS)にて分析し,藻体湿重量あたりのモル濃度を算出した。12種において,ジアミノプロパン,プトレッシン,カダベリン,スペルミジン,ノルスペルミジン,ホモスペルミジン,スペルミン,ノルスペルミン,サーモスペルミン,アグマチンに加えて,生物試料では初めての長鎖ジアミンである1,6-ジアミノヘキサンを検出した。全16種がカルドペンタミンとホモカルドペンタミンを含有していた。数種がサーモペンタミンやカルドヘキサミンをも有していた。褐藻類は,多細胞性(大型)の海産紅藻類や海産緑藻類に比べて,長直鎖型ポリアミンに富んでいる。
索引語ペンタアミン;ヘキサアミン;ヒバマタ;アカモク;ヒロメ;クロメ;ツルモ;オキナワモズク;HPLC;HPGC
引用文献数17
登録日2017年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat