HYDRUSを用いた湿潤地域におけるマルチ栽培下の土壌水分動態解明

HYDRUSを用いた湿潤地域におけるマルチ栽培下の土壌水分動態解明

レコードナンバー912726論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
著者名宮本 輝仁
岩田 幸良
亀山 幸司
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ136号, p.3-14(2017-07)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (2527KB) 
抄録マルチ栽培では土壌面蒸発の抑制や雑草の発生抑制,地温上昇等の効果が期待される。本研究では,HYDRUS(2D/3D)を用いてマルチ栽培下の土壌水分動態を解析し,湿潤地域におけるマルチ被覆の効果について検討を行った。全てのパラメータを事前に決定することは難しいため,境界条件や根の吸水に関わるパラメータを変えた計算を行い,パラメータを選定した。畝部や表層では体積含水率の計算値は比較的良く実測値と合った。マルチ栽培下での数値解析から,降雨時の土壌水分動態が明らかになった。土壌水分量はマルチ無しのほうがマルチ有りよりも多くなった。さらに,土壌水分量の変動もマルチ無しのほうが大きくなった。これらの解析結果から,湿潤地域におけるマルチ被覆の効果は,降雨による土壌水分量の急激な増加の抑制であることがわかった。
索引語マルチ栽培下;湿潤地域;効果;パラメータ;土壌水分量;抑制;土壌水分動態;マルチ被覆;ほう;用いてマルチ栽培下
引用文献数23
登録日2018年01月15日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat