ブロイラーに発生したMycoplasma gallisepticum感染症

ブロイラーに発生したMycoplasma gallisepticum感染症

レコードナンバー912760論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011607NACSIS書誌IDAN0007252X
著者名後藤 新平
高橋 祥子
遠藤 裕久
書誌名鶏病研究会報
別誌名Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases
鶏病研究会報
巻号,ページ53巻・ 2号, p.100-105(2017-08)ISSN0285709X
全文表示PDFファイル (792KB) 
抄録岐阜県内のブロイラー農場3戸において,2015年12月から翌年2月にかけて,30日齢前後から,鼻汁,流涙,開口呼吸および異常呼吸音等の呼吸器症状を呈して死亡するひなが増加しはじめ,剖検および食鳥検査では,気嚢炎,心膜炎および肝被膜炎が顕著にみられるマイコプラズマ症が発生した。肺および気管からPolymerase Chain Reaction(PCR)法でMycoplasma gallisepticum(MG)の遺伝子が検出され,細菌分離ではFreyの培地によりMGが分離された。急速平板凝集反応では3農場ともにMGは陽性で,Mycoplasma synoviae(MS)は陰性であった。パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)による解析の結果,3農場から分離されたMG菌株はすべて同一の泳動パターンを示し,標準株や種鶏場で使用されたワクチン株とは異なっていた。これらの結果や疫学調査により,今回の発生が,MGに野外感染した種鶏からの介卵感染によることが示唆された。
索引語発生;分離;Mycoplasma gallisepticum感染症;結果;PCR;法;Mycoplasma gallisepticum;Frey;MG;Mycoplasma synoviae
引用文献数6
登録日2018年01月15日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat