晩植飼料イネのイチモンジセセリ(チョウ目: セセリチョウ科)幼虫密度と飼料イネの乾燥重量および栄養価

晩植飼料イネのイチモンジセセリ(チョウ目: セセリチョウ科)幼虫密度と飼料イネの乾燥重量および栄養価

レコードナンバー912780論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名石崎 摩美
松山 裕城
佐藤 名月
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ61巻・ 3号, p.167-173(2017-08)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (1226KB) 
抄録稲発酵粗飼料用の飼料イネ栽培では茎葉も含む植物体全体を利用するため,イチモンジセセリ幼虫などの食葉性害虫が問題となる。そこで晩植の稲発酵粗飼料用品種における要防除密度の参考とするために幼虫放飼試験を行い,幼虫密度とイネ乾物重との関係を調査した。網で覆った枠内で栽培した飼料イネ品種「ホシアオバ」に,株あたりの密度を変えて若齢幼虫を放し,蛹化まで網の中で飼育した。その後,黄熟期に地際で刈り取り,乾物重および可消化養分総量を測定した。その結果,穂・茎葉の乾物重は幼虫密度増加に従って直線的に減少し,5%減収となる幼虫密度は約3頭/株と計算された。一方,穂および茎葉中の可消化養分総量は幼虫密度が増加しても有意な減少はみられなかった。従って,飼料イネ栽培では幼虫による量的被害は起こりうるが,質的被害は起こりにくいと考えられる。
索引語幼虫密度;乾物重;晩植飼料イネ;イチモンジセセリ;飼料イネ;茎葉;飼料イネ栽培;網;可消化養分総量;穂
引用文献数24
登録日2018年01月15日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat