鹿児島県産黒毛和種における損徴発生状況に関する調査研究

鹿児島県産黒毛和種における損徴発生状況に関する調査研究

レコードナンバー920035論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名小山 秀美
今村 清人
坂元 信一
西 和隆
井上 慶一
河邊 弘太郎
岡本 新
本多 健
大山 憲二
下桐 猛
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ88巻・ 4号, p.425-430(2017-11)ISSN1346907X
全文表示PDFファイル (1956KB) 
抄録黒毛和種の損徴は品種の特徴を損なうだけでなく,経済的損失となり得るものもある。本研究では,損徴発生率の低減に関する知見を得ることを目的に,1999年~2015年の鹿児島県産黒毛和種雌子牛511,337頭の記録を用いて,白斑,舌の異常,乳頭の異常,被毛の異常について基礎的な調査を試みた。全データにおける損徴発生率は被毛の異常の0.29%から白斑の3.68%の範囲であり,年次推移はすべて増加傾向を示した。白斑の発生部位も年次により変化した。白斑では,近交度が高まると発生率が有意に上昇した(P<0.05)。被毛の損徴以外では,母牛の損徴の有無が子牛の損徴発生率に有意に影響した(P<0.01)。さらに,白斑と舌の異常においては,損徴を持つ母牛と持たない母牛の子牛の損徴発生率を種雄牛別に算出したところ両者に高い正の相関が得られ,両親の組合せを考慮することで損徴の発生を低減できる可能性を示した。
索引語被毛;白斑;損徴;損徴発生率;母牛;子牛;低減;舌;P&lt;2015年
引用文献数6
登録日2018年03月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat