県外預託牛の産子から分離された牛ウイルス性下痢ウイルスの疫学調査とその清浄化に向けた取組み

県外預託牛の産子から分離された牛ウイルス性下痢ウイルスの疫学調査とその清浄化に向けた取組み

レコードナンバー920063論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名増田 恒幸
黒田 萌黄
岩尾 健
池本 千恵美
小谷 道子
増田 康充
亀山 健一郎
迫田 義博
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ70巻・ 9号, p.575-579(2017-09)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (921KB) 
抄録鳥取県では2012年以降,牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)感染症清浄化対策を実施しており,多数の持続感染(PI)牛を摘発している。2016年1月から10月にかけてBVDV-1のPI牛が3農場で6頭摘発された。疫学調査の結果,6頭の母牛はほぼ同じ期間に県外の同一育成牧場へ預託されていたことが判明した。6頭中5頭から分離されたBVDVのE2遺伝子領域の分子系統樹解析では,5株はすべてBVDV-1cに分類され,株間の相同性は99.6~99.9%であった。このことから,PI牛の母牛は預託期間中にBVDV-1cに感染し,帰還後にPI牛を産出したと推察された。県外預託牛由来PI牛によるBVDVの侵入パターンが示されたため,BVDV感染症清浄化には地域単位の対策だけでなく,国主導による全国的な対策が必要と考えられた。
索引語BVDV;対策;PI牛;分離;牛ウイルス性下痢ウイルス;疫学調査;母牛;牛;期間;相同性
引用文献数18
登録日2018年03月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat