枝打ちロボット用の枝噛み防止機能があるチェーンソーの開発

枝打ちロボット用の枝噛み防止機能があるチェーンソーの開発

レコードナンバー920085論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名石榑 康彦
川崎 晴久
石田 仁
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ99巻・ 3号, p.99-104(2017-06)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (2953KB) 
抄録林業従事者がチェーンソーを用いて枝打ちや枝払いなどの作業をする場合,枝の撓み具合などを考慮して,枝がチェーンソーのガイドバーを噛まないように切断する方向を工夫している。チェーンソーをロボットに搭載するときは,切断方向が一方向のため枝噛みが生じ,ロボットは切り進められなくなる。本論文では,枝切断時,ガイドバーと枝の接触点における力をモデル式で表し,切り進むために必要な推進力を推定した。そして,枝噛み現象を再現した切断実験装置を用いて,枝噛み防止機構の搭載と未搭載における走行モーターに流れる電流値を比較した実験を行い,未搭載の場合148.9±20.7mAに対し搭載した場合は85.5±17.2mAと低く,有意差検定(Man-Whitney U検定,p<0.05)では有意差有りの結論を得た。提案する枝噛み防止機構は,枝噛み現象の防止と円軌道切削における枝の切り口を押し広げて切り進むときに受ける反力を低減し,有効性を明らかにした。
索引語枝;チェーンソー;搭載;切り;ガイドバー;ロボット;枝噛み現象;枝噛み防止機構;未搭載;用いて枝打ち
引用文献数13
登録日2018年03月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat