4年生スギ人工林におけるスギの樹高と雑草木からの被圧に与える地形の影響

4年生スギ人工林におけるスギの樹高と雑草木からの被圧に与える地形の影響

レコードナンバー920086論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名飯田 佳子
山川 博美
野宮 治人
安部 哲人
金谷 整一
正木 隆
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ99巻・ 3号, p.105-110(2017-06)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (1006KB) 
抄録本研究では造林地内の空間不均質性に着目し,1)造林木の成長および造林木と雑草木との競合関係が地形により異なるか,さらに,2)場所によるランダム効果の取り扱い方の異なるモデル間で地形の効果が異なるか,を斜面長100m傾斜角約30度の4年生のスギ若齢林で検討した。地形変数(尾根からの距離と傾斜角)が3,4年生時のスギの樹高およびスギと雑草木の競合関係に与える影響を三つの統計モデル(ランダム効果を考慮しないモデル,場所のランダム効果を考慮したモデル,空間自己相関を考慮したモデル)で解析した。結果,尾根からの距離が大きいほどスギの樹高が高かった。スギの樹高が低い,または,尾根からの距離や傾斜角が大きいほど,雑草木から被圧されやすかった。他のモデルと比べ,空間自己相関を考慮したモデルでは地形変数の効果の信用区間は広がり,効果の評価が下がった。スギの成長や雑草木による被圧が斜面位置によって異なることから,斜面位置によって下刈頻度を変えることも下刈省力化の選択肢の一つとして考えられるが,一方で,要因の検出において空間情報の取り扱い方やサンプリングの方法を十分に検討する必要があると結論付けた。
索引語モデル;スギ;雑草木;効果;樹高;考慮;被圧;造林木;地形;尾根
引用文献数21
登録日2018年03月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat