パン用コムギ品種「ミナミノカオリ」における穂肥重点施肥が収量や子実タンパク質含有率におよぼす影響

パン用コムギ品種「ミナミノカオリ」における穂肥重点施肥が収量や子実タンパク質含有率におよぼす影響

レコードナンバー920092論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名水田 圭祐
荒木 英樹
中村 和弘
松中 仁
丹野 研一
高橋 肇
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ86巻・ 4号, p.319-328(2017-10)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1963KB) 
抄録暖地向けパン用コムギ品種「ミナミノカオリ」は,子実タンパク質含有率が高いものの,収量が低いという特徴がある。本研究では,熊本県のコムギ多収地域において,「ミナミノカオリ」の高品質多収化を目的として,基肥と分げつ肥を省略し,穂肥を増肥した穂肥重点施肥が,収量,収量構成要素,分げつの成長量や消長におよぼす影響を検証した。穂肥重点施肥区は,2014/15年と2015/16年のいずれも慣行分施区に比べて穂数が5~20%増加した。その結果,2014/15年では慣行分施区に比べて収量が15%増加した。子実タンパク質含有率は,収量が増加したにもかかわらず低下しなかった。2015/16年では,収量は607gm-2と慣行分施区と同程度であったが,子実タンパク質含有率は13.8%と慣行分施区の12.5%に比べて有意に高くなった。一穂粒数と千粒重はいずれの作期でも穂肥重点施肥では増加しなかった。穂肥重点施肥区で穂数が増加した原因は,主茎第3節分げつの有効化した茎の発生率が62.2%と,慣行分施区の19.1%に比べて高いためであった。成熟期における主茎第3節分げつの乾物重は,穂肥重点施肥区で2.28gと慣行分施区の1.67gに比べて有意に重かった。地上部窒素蓄積量は,慣行分施区では穂揃い期から成熟期にかけて3.6gm-2増加し,穂肥重点施肥区では5.3gm-2増加した。その結果,成熟期では,穂肥重点施肥区で18.8gm-2と慣行分施区の15.6gm-2に比べて有意に多かった。穂肥重点施肥は,収量が増加しても窒素吸収量を増加させることで子実タンパク質含有率を高水準に維持するため,パン用コムギの高品質多収栽培に有効であると考えられた。
索引語慣行分施区;収量;増加;ミナミノカオリ;子実タンパク質含有率;成熟期;穂肥重点施肥;穂肥重点施肥区;穂数;影響
引用文献数40
登録日2018年03月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat