Loop-mediated Isothermal Amplification(LAMP)法を用いた醸造用酵母の識別

Loop-mediated Isothermal Amplification(LAMP)法を用いた醸造用酵母の識別

レコードナンバー920191論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020787NACSIS書誌IDAN10034389
著者名畠山 明
遣水 潤
今井 裕貴
栗林 喬
高橋 方夫
書誌名日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan
発行元日本醸造協会
巻号,ページ112巻・ 10号, p.707-713(2017-10)ISSN09147314
全文表示PDFファイル (1154KB) 
抄録K7-02212遺伝子とPPT1遺伝子を増幅標的としたLAMP法を行うことで,醸造用酵母を識別する方法を検討した。本法によって,現在頒布の行われている清酒酵母(きょうかい8号を除く,きょうかい6号以降の酵母),焼酎酵母,ワイン酵母を簡易的に識別できる可能性が示された。さらに,清酒醪中の清酒酵母とワイン酵母も迅速かつ簡便に判別することが可能であった。
索引語識別;醸造用酵母;LAMP;法;清酒酵母;ワイン酵母;酵母;迅速;Loop;Amplification
引用文献数10
登録日2018年03月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat