ヒラメParalichthys olivaceus成魚からの筋肉生検による粘液胞子虫ナナホシクドアKudoa septempunctataの新検査法

ヒラメParalichthys olivaceus成魚からの筋肉生検による粘液胞子虫ナナホシクドアKudoa septempunctataの新検査法

レコードナンバー920312論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名井上 誠章
佐藤 純
米加田 徹
西岡 豊弘
森 広一郎
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ82巻・ 5号, p.771-773(2016-09)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (965KB) 
抄録近年,ヒラメParalichthys olivaceusの魚体に寄生したナナホシクドアKudoa septempunctataが生食による食中毒の原因となることが明らかにされた。これにより,現在は養殖現場でも出荷前のヒラメにおけるナナホシクドア感染検査の実施が求められている。本研究では,魚を生かしたまま行うことができ,魚体への負荷が少ない簡易的なナナホシクドア感染の検査法として筋肉生検による方法を開発した。
索引語筋肉生検;ヒラメParalichthys olivaceus成魚;粘液胞子虫ナナホシクドアKudoa;septempunctata;魚体;ヒラメParalichthys olivaceus;ナナホシクドアKudoa;新検査法;魚;ヒラメ
引用文献数3
登録日2018年03月23日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat