レボドパの薬効に影響を与えるビタミンB6摂取量に関する系統的レビュー

レボドパの薬効に影響を与えるビタミンB6摂取量に関する系統的レビュー

レコードナンバー920490論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名佐藤 陽子
休石 千晶
千葉 剛
梅垣 敬三
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ58巻・ 6号, p.268-274(2017-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (10047KB) 
抄録ビタミンB6はレボドパと相互作用を起こすとされているが,その具体的な摂取量は明確になっていない。そこで,レボドパとビタミンB6の相互作用に関する論文の系統的レビューにより,レボドパの薬効に影響を与える可能性が強いビタミンB6摂取量について検討した。論文は2017年8月に2つのデータベースにて検索し,11報を採択した。その結果,ビタミンB6摂取量が50mg/日以上でレボドパの薬効が減弱する可能性が高くなると考えられた。したがって,ビタミンB6欠乏がなく,かつ,レボドパとの相互作用が回避できるビタミンB6摂取量は日本人の食事摂取基準における推奨量と上限量の範囲と同等と推定された。以上より,ビタミンB6は通常食品からの摂取では特に留意する必要はなく,多量に摂取できるサプリメントや市販薬の利用に注意すべきことが示された。
索引語レボドパ;ビタミンB6;ビタミンB6摂取量;薬効;相互作用;影響;系統的レビュー;摂取;論文;可能性
引用文献数19
登録日2018年04月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat