堆肥発酵熱を高熱源とするバイナリ発電

堆肥発酵熱を高熱源とするバイナリ発電

レコードナンバー920580論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
著者名小島 陽一郎
飯高 祐一
西 洋平
中西 大
天羽 弘一
阿部 佳之
遠藤 聡
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ155号, p.31-39(2017-12)ISSN03888517
全文表示PDFファイル (3084KB) 
抄録本研究は,堆肥化過程で発生する発酵熱をバイナリ発電の高熱源として利用するための知見を得るものである。発酵熱の回収は,堆肥の底部から空気を吸引して発酵を促進する吸引通気式堆肥化方式でおこなった。乳牛100頭規模の酪農家に設置された実規模吸引通気式堆肥化システムにバイナリ発電装置を接続して,堆肥化施設で得られた60℃程度の発酵排気を高熱源としたときの発電特性を明らかにすることを目的とした。その結果,発電前後で水を加温する施設レイアウトがより発電効率が高く,216MJ/h(60kW相当)の発酵排気熱量を用いて,最大で700W以上の発電が可能であった。堆肥原料切り返し時の温度低下により発電が停止するものの,発電継続時間は堆肥の切り返し間隔3日間で60時間程度であった。
索引語高熱源;発電;バイナリ発電;堆肥;発酵熱;発電前後;水;用いて;発電継続時間;堆肥発酵熱
引用文献数27
登録日2018年04月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat