超高齢社会における食品開発のニーズ

超高齢社会における食品開発のニーズ

レコードナンバー920583論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20041572NACSIS書誌IDAA12598816
著者名神山 かおる
書誌名JATAFFジャーナル = JATAFF journal
発行元農林水産・食品産業技術振興協会
巻号,ページ5巻・ 12号, p.7-11(2017-12)ISSN21874948
全文表示
抄録増加する高齢者を主なターゲットとした食品の開発および食品を対象者に届けるシステムの構築は,超高齢社会において極めて大きなニーズである。健康長寿のためには,栄養を十分に摂取でき,食べることを楽しめるような食品が入手しやすいことが必要である。高齢者向けの食品では,対象者の摂食能力に合わせて食べやすく,かたさなどのテクスチャーを制御することが一般的である。若年健常者が咀嚼中に口の中で行う食品の加工を,食べる前に行えば,咀嚼の負担は減らせる。技術的には難しくないが,いかにおいしさを損なわずに高齢者食を提供するかが肝要である。高齢者の十分な栄養摂取が期待できるからである。
索引語食品;超高齢社会;ニーズ;高齢者;対象者;食品開発;栄養;摂取;咀嚼;増加
引用文献数9
登録日2018年04月20日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat