青森県のマメシンクイガ甚発生圃場における発生消長と無人ヘリコプター散布による防除方法の検討

青森県のマメシンクイガ甚発生圃場における発生消長と無人ヘリコプター散布による防除方法の検討

レコードナンバー920728論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名對馬 佑介
木村 勇司
藤村 建彦
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ68号, p.237-241(2017-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (772KB) 
抄録青森県内のマメシンクイガ甚発生ダイズ圃場において,成虫発生消長と産卵消長および孵化幼虫の莢への侵入時期を調査した。フェロモントラップ調査で誘殺された雄成虫数は8月第3半旬が最多となり,過去の調査例より2半旬早かったが,産卵数のピークは8月第6半旬と平年並だった。また,無人ヘリコプターでクロラントラニリプロール水和剤を供試して散布時期および散布濃度と被害粒率の関係について調査したところ,32倍希釈液0.8 l/10a散布では従来青森県で指導している防除適期よりも1半旬早めた8月第4半旬に散布を行った区で効果が高い傾向であった。また,32倍希釈液0.8 l/10a散布と比較して16倍および24倍希釈液0.8 l/10a散布で高い防除効果が得られた。
索引語マメシンクイガ甚発生圃場;発生消長;無人ヘリコプター散布;防除方法;調査;青森県;青森県内;マメシンクイガ甚発生ダイズ圃場;成虫発生消長;産卵消長
引用文献数11
登録日2018年04月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat