マハゼ雌の生殖腺発達に伴う血中ビテロジェニンおよびエストラジオール17βの変化

マハゼ雌の生殖腺発達に伴う血中ビテロジェニンおよびエストラジオール17βの変化

レコードナンバー920800論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名Song J.
長江 真樹
征矢野 清
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ65巻・ 4号, p.303-310(2017-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (1189KB) 
抄録マハゼは漁業資源および遊漁の対象として重要な魚種であり,日本では馴染みの深い魚種であるが,その生殖に関する生理学的情報は極めて少ない。そこで,長崎市多以良川河口において7月より2月にかけて採集したマハゼ雌の生殖腺発達を観察するとともに,それに伴う血中ビテロジェニン(VTG)と雌性ホルモン(エストラジオール17β,E2)の変化を調べた。本種の卵黄蓄積は,水温の低下と日長の短日化が進行する11月より始まった。12月に入ると最終成熟期の卵母細胞を持つ個体が出現し,それは2月まで確認された。血中VTGおよびE2濃度は,11月から12月にかけて上昇し,それ以降高値を維持した。この変化は,生殖腺の発達とよく一致した。このことから,本種の卵巣発達はE2によって誘導されるVTGの蓄積によって進行し,低水温期の1月以降に産卵期を迎えることがわかった。
索引語変化;マハゼ;血中ビテロジェニン;エストラジオール17β;発達;魚種;生殖腺;本種;進行;遊漁
引用文献数20
登録日2018年05月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat