筑後川水系川原川におけるアカザの年齢と成長

筑後川水系川原川におけるアカザの年齢と成長

レコードナンバー920811論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名竹下 直彦
阪田 和弘
近藤 卓哉
永田 新悟
荒木 晶
星野 和夫
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ65巻・ 4号, p.409-415(2017-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (1952KB) 
抄録筑後川水系川原川産アカザの年齢と成長を明らかにすることを目的として,2000年4-12月に289個体を採集した。本種の第6椎体には不透明帯と透明帯が交互に観察され,透明帯から不透明帯への境界を標示とした。その標示は毎年6月に形成された。また,繁殖期は5-7月で,6月がその盛期と考えられた。本河川のアカザにおいては,体長の雌雄差が認められなかったことから,雌雄とりまとめて,年齢と体長をvon Bertalanffyの成長式にあてはめたところ,以下の式が得られた。Lt=127.4[1-exp{-0.434(t+0.537)}](Lt: t歳時の体長) この成長式より,満1歳で62.0mm,2歳で85.0mm,3歳で100.0mmに達すると推定された。
索引語透明帯;成長;アカザ;年齢;体長;不透明帯;標示;Lt;筑後川水系川原川産アカザ;繁殖期
引用文献数26
登録日2018年05月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat