「信州ひすいそば」の品質向上に関する研究

「信州ひすいそば」の品質向上に関する研究

レコードナンバー920912論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034070NACSIS書誌IDAA12170965
著者名金子 昌二
高橋 佑汰
山崎 慎也
大澤 克己
書誌名長野県工業技術総合センター研究報告 = Research reports of Nagano Prefecture General Industrial Technology Center
発行元長野県工業技術総合センター
巻号,ページ12号, p.146-153(2017-10)ISSN18813119
全文表示PDFファイル (3269KB) 
抄録「信州ひすいそば」として現在流通している品種「長野S8号」,その後継であり育種中の「桔梗11号」,長野県の主力品種である「信濃1号」の3種類のそばについて,平成26年産から28年産の成分分析及び平成26年産と27年産の保存試験を行った。その結果,「桔梗11号」が最も緑色が濃く,緑色保持も良い傾向にあり,「信州ひすいそば」のブランド強化への有力な後継品種であることが確認された。
索引語信州ひすいそば;桔梗11号;そば;28年産;27年産;品質向上;研究;品種;後継;緑色
引用文献数8
登録日2018年05月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat