かき類の元素分析及び軽元素安定同位体比分析による原産地判別法の検討

かき類の元素分析及び軽元素安定同位体比分析による原産地判別法の検討

レコードナンバー920979論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20033748NACSIS書誌IDAA12300175
著者名小岩 智宏
伊澤 淳修
後藤 祐之介
書誌名農林水産消費安全技術センター食品関係等調査研究報告
発行元農林水産消費安全技術センター
巻号,ページ41号, p.15-21(2017-12)ISSN18837824
全文表示PDFファイル (990KB) 
抄録国産(日本産)及び外国産(韓国産、中国産)のかき類(イワガキを除く)について、元素分析及び軽元素(炭素及び窒素)安定同位体比分析による原産地判別法を検討した。218試料(国産128試料、韓国産74試料、中国産16試料)を収集し、貝柱、胃、えら及び外套膜の4部位について、乾燥・粉砕し、23元素(Li、Al、Ti、Cr、Mn、Co、Ni、Cu、Zn、Rb、Sr、Y、Mo、Ag、Cd、Ba、Pb、P、Na、Mg、Ca、K及びFe)の濃度測定、炭素及び窒素安定同位体比の測定を行い、得られたデータの統計解析を実施した。元素分析については、サポートベクターマシンによりえらの8元素(Cu、Zn、Y、Mo、Cd、Ba、Pb及びFe)を変数とする判別モデルを構築した結果、国産試料の96%、外国産試料の93%を正しく判別した。炭素及び窒素安定同位体比分析については、国産試料と外国産試料の分布が大きく重なっており判別が困難であった。
索引語元素分析;Cu;炭素;かき類;原産地判別法;検討;国産試料;国産;えら;Mo
引用文献数9
登録日2018年05月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat