人工気象器を用いたコムギの簡易耐湿性検定法

人工気象器を用いたコムギの簡易耐湿性検定法

レコードナンバー921008論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名荒川 みずほ
伊藤 幸司
加藤 満
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ49号, p.115-118(2017-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (565KB) 
抄録少ない種子量で、短期で行える小麦の簡易耐湿性検定法の開発を目的に、人工気象器内でポット試験を行った。ほ場での耐湿性検定結果が「弱」~「やや強」のコムギ12品種・系統を用いて、湛水処理を行う溶液、設定温度、調査項目について検討した。その結果、設定温度10℃において、0.1%デンプン溶液で湛水処理を行った場合、草丈、地上部乾物重及び地下部乾物重/最長根長が耐湿性評価の判定指標として有効であることが明らかとなった。しかし、より多くの点数の検定を行うためには、湛水処理開始時期、調査時期等のさらなる検討が必要であると考えられた。
索引語簡易耐湿性検定法;湛水処理;検討;強;用いて;デンプン溶液;人工気象器;コムギ;検定;溶液
引用文献数5
登録日2018年05月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat