初産分娩後1000日間の乳量を最大にするための分娩間隔と初回授精開始時期

初産分娩後1000日間の乳量を最大にするための分娩間隔と初回授精開始時期

レコードナンバー921046論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名按田 将利
近藤 野の花
山口 諭
阿部 隼人
中川 智史
萩谷 功一
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ89巻・ 1号, p.61-66(2018-02)ISSN1346907X
全文表示PDFファイル (3992KB) 
抄録ホルスタイン種の初産分娩後1000日間の乳量(1000dMY)を最大にする分娩間隔と授精開始時期について調査した。データは,北海道内において2007年に初産分娩した初産次から3産次までの24,476頭の牛群検定記録である。毎月1度の検定日乳量に対し,泌乳曲線を使用して1000dMYを推定した。初産分娩後1000日以内に2産分娩および3産分娩の記録をもつ個体の記録のみを分析対象とした。分娩間隔の中央値は,初産-2産間385日,2産-3産間396日,1000dMYの平均乳量は24,588kgであった。1000dMYは,初産-2産間および2産-3産間の分娩間隔について,いずれも357日から440日で高く,それ以上になると徐々に低下した。妊娠期間を280日程度と仮定すると,初産および2産分娩後80日を目安として人工授精を開始することで1000dMYが高くなると推察した。
索引語分娩間隔;記録;1000dMY;初産;乳量;初産次;毎月1度;もつ個体;妊娠期間;初産分娩
引用文献数20
登録日2018年05月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat