アフガニスタン・バーミヤンにおける1990年から2015年の土地被覆変化

アフガニスタン・バーミヤンにおける1990年から2015年の土地被覆変化

レコードナンバー921298論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015067NACSIS書誌IDAN00386823
論文副題土壌劣化と土地管理の不足
著者名Mohibbi A.A.
Bagan H.
稲冨 素子
木下 嗣基
書誌名農作業研究
別誌名Japanese journal of farm work research
Farm work research : journal of Farm Work Society of Japan
発行元日本農作業研究会
巻号,ページ174号, p.15-32(2018-03)ISSN03891763
全文表示
抄録土地管理の不足と紛争は,アフガニスタンのバーミヤンの生態系に大きなストレスを与えた。本研究では,1990年から2015年までのバーミヤンの土地被覆の時空間的変化と土地管理の問題を評価した。そのために,97人の住民を対象にアンケート調査を行うとともに,現場調査を実施した。住民へのアンケートの結果,88人が土地被覆が30年で変わったと述べた。回答者らは,人口増加,資源の過度使用,過放牧,薪炭材収穫,干ばつおよび管理の理由を指摘した。政府組織やNGOとのインタビューの結果,植生の覆土の除去,過放牧,自然資源への依存,飼料収集,急な斜面での栽培が原因で,土地の劣化が発生しているとの結果を得た。また,1990年から2015年のランドサット画像を用いて土地被覆マップを作成した。放牧地は裸地と居住地の急速な増加に伴って60.2%から37.9%に減少した。このことは,人為的な影響が周囲の生態系に影響を与えたことを示唆している。0.81km2のグリッドにおける土地被覆変化の統計的比較では,放牧地の減少が裸地のそれと強く負の相関があることを示した。また,バーミヤン市周辺では,居住地の拡大は農耕地の拡大と強く正の相関がある一方,裸地の増加とは負の相関が見られた。これらにより,長期の紛争,土地管理の不足,および社会経済的変化が土地被覆に影響を与えたことを示した。
索引語2015年;土地管理;バーミヤン;増加;負の相関;不足;土地被覆;結果;裸地;影響
引用文献数25
登録日2018年06月15日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat