我が国における沖合底びき網漁業および以西底びき網漁業の漁獲量と網数の推移

我が国における沖合底びき網漁業および以西底びき網漁業の漁獲量と網数の推移

レコードナンバー921308論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20015015NACSIS書誌IDAN10063434
著者名川内 陽平
田中 寛繁
船本 鉄一郎
伊藤 正木
服部 努
梨田 一也
養松 郁子
書誌名水産海洋研究
別誌名Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography
発行元水産海洋学会
巻号,ページ82巻・ 1号, p.1-13(2018-02)ISSN09161562
全文表示
抄録歴史的な漁業データから我が国全体の漁業や資源の動向を把握することは,漁業全体に対する具体的な管理方針を検討するために重要である。本研究では,漁獲量が多い沖合底びき網漁業と以西底びき網漁業を対象として,漁獲成績報告書(漁績)から得られる漁業情報をデータベース化し,全操業海域の漁獲量・努力量(網数)・網数当たり漁獲量(CPUE,kg/網)を基準化した値の時系列変化および網数の地理的分布を調べた。また,社会的状況等による影響を考察し,全体的な漁業・資源の動向を評価するための課題点を示した。1972年以後,多くの海域で国際協定や経営悪化等により漁獲量・網数は減少し,漁場は縮小したが,一部では資源量変動と同期的な傾向が明瞭にみられた。一方,CPUEは安定的に推移し,これは操業形態の変化等と同調していることが示唆された。今後は努力量の標準化等を進めることで,漁績データから漁業全体の操業状況や資源動向を評価できると考える。
索引語網;漁業;漁獲量;漁;底びき網;CPUE;資源;動向;推移;評価
引用文献数35
登録日2018年06月15日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat