キクイモを原料とした焼酎の製造

キクイモを原料とした焼酎の製造

レコードナンバー921418論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000411NACSIS書誌IDAA12152704
著者名高山 清子
山本 英樹
祝園 秀樹
藤田 依里
喜田 珠光
大浦 晋一
水谷 政美
書誌名研究報告 = Report of Miyazaki Prefecture Industrial Technology Center & Miyazaki Prefectural Food & R&D Center
別誌名宮崎県工業技術センター・宮崎県食品開発センター研究報告
宮崎県工業技術センター宮崎県食品開発センター研究報告
発行元宮崎県工業技術センター
巻号,ページ61号, p.65-67(2018-02)ISSN13455974
全文表示PDFファイル (1085KB) 
抄録キクイモを原料とした焼酎を開発するため,二次掛けにキクイモ,米,麦を用いた試験醸造を行った。二次掛けにキクイモのみを用いた焼酎のアルコール収得量は低かったが,麹歩合を増やし,汲水歩合を減らすことでアルコール収得量が改善した。キクイモ焼酎の香気成分分析においてはセスキテルペンのBisabolene,Cadinene,Calameneneが検出された。官能評価においては,原料特性,甘い,旨味があるという評価が多かった。キクイモのみを二次掛けに使用することで,キクイモの特徴を有する焼酎を製造することができた。
索引語キクイモ;焼酎;二次;原料;製造;アルコール収得量;セスキテルペン;評価;開発;米
引用文献数6
登録日2018年06月15日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat