サトウキビ野生種に由来する戻し交雑第1世代の多収性品種系統における新植年の生育および乾物生産特性

サトウキビ野生種に由来する戻し交雑第1世代の多収性品種系統における新植年の生育および乾物生産特性

レコードナンバー921690論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名服部 太一朗
寺内 方克
境垣内 岳雄
石川 葉子
早野 美智子
樽本 祐助
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ87巻・ 2号, p.165-175(2018-04)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (2680KB) 
抄録南西諸島のサトウキビ産業における砂糖生産性の向上には,既存の製糖用品種への多収性導入が重要である。本研究では,南西諸島の環境条件下で機能する多収要因の解明を目的として,サトウキビ野生種と製糖用品種との種間雑種を,再び製糖用品種と交雑して作出した戻し交雑第1世代(BC1世代)における多収性の3品種系統を対象として,乾物生産特性および地上部と地下部の生育特性について,既存の製糖用品種との比較を通じて検討した。根系調査に付随する土壌攪乱を勘案して圃場を5区画に分割し,それぞれ異なる日に地上部,地下部を収穫して乾物重や葉面積等を調査した。植え付け後237日目の原料茎重は,BC1世代の3品種系統が製糖用品種を30~58%上回った。また,BC1世代の3品種系統は,1)生育初期における比葉面積が大きい,2)葉面積指数および葉身乾物重が一貫して大きい,および3)生育初期に根系が速やかに発達する,といった共通の特性を示した。光合成速度には製糖用品種とBC1世代の3系統との間に有意な差異は認められなかった。以上から,生育初期の比葉面積が大きく葉面積指数の増大に有利であること,および,速やかな根系発達により葉面積指数増大に伴う養水分要求量の増加に対応できることが,本研究で供試したBC1世代の3品種系統に共通する多収性の主要機作であることが示唆された。
索引語BC1世代;製糖用品種;生育初期;3品種系統;サトウキビ野生種;乾物生産特性;戻し交雑第1世代;新植年;生育;多収性
引用文献数33
登録日2018年07月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat