ダイズ品種「里のほほえみ」における裂皮粒の発生に及ぼす播種時期の影響

ダイズ品種「里のほほえみ」における裂皮粒の発生に及ぼす播種時期の影響

レコードナンバー921692論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名中山 則和
山本 亮
細野 達夫
大野 智史
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ87巻・ 2号, p.183-191(2018-04)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1748KB) 
抄録北陸地域におけるダイズ品種「里のほほえみ」の裂皮粒抑止技術を確立するため,2014~2016年の同品種の栽培試験により得られた種子について,裂皮粒の発生様相と播種時期・環境条件との関係を調査した。裂皮の形状別では,種皮が不定形に裂けた不定形裂皮粒の発生が多く,線状に裂けた線形裂皮粒は少なかった。両裂皮粒とも6月中旬の晩播で発生は有意に減少し,特に不定形裂皮粒の減少が著しかった。同一年の同一播種日に限れば不定形裂皮の発生に種子粒大の影響が認められたが,3年間を通じて不定形裂皮の発生と粒大の間に有意な相関は認められなかったことから,晩播による不定形裂皮の減少には粒大以外の要因が主要因として関与したと考えられた。不定形裂皮粒率と開花始期の間には高い負の相関が認められ,播種時期そのものの早晩ではなく,播種時期の変化により開花時期が移動することが不定形裂皮の発生に影響を及ぼしていると推察された。開花始期以外では,不定形裂皮粒率と登熟日数ならびに登熟期の積算気温との間に比較的高い正の相関が認められた。開花始期は不定形裂皮の発生を推測する指標として有効と考えられ,上越地域では開花始期が7月23日頃以降となるように晩播することで不定形裂皮粒の発生量を5月下旬の標準播の50%以下に抑えられると推定された。線形裂皮については,裂皮粒率と登熟期の日射量の間に有意な正の相関が認められ,また,開花始期よりも播種日との相関が高かったことから,「里のほほえみ」の線形裂皮と不定形裂皮は発生機構が異なることが示唆された。
索引語不定形裂皮;発生;不定形裂皮粒;晩播;裂皮粒;開花始期;里;ほほえみ;影響;不定形裂皮粒率
引用文献数27
登録日2018年07月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat