自治村落論の通史的検討

自治村落論の通史的検討

レコードナンバー921703論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015633NACSIS書誌IDAN00200867
論文副題近代初期農民諸団体の範域と農本主義的社会的分業
著者名戸石 七生
書誌名農業經濟研究
別誌名農業経済研究
Journal of rural economics
Nōgyō keizai kenkyū
発行元岩波書店
巻号,ページ89巻・ 4号, p.277-290(2018-03)ISSN03873234
全文表示
抄録本稿の課題は自治村落論における範域論争の意義の通史的検討である。上位権力との交渉によって力を蓄えた近世村を農協の受け皿の単位とする齋藤仁の自治村落論は,海外農村研究者によって応用される一方,多くの日本近代史家に批判された。彼らは,齋藤が初期農民運動の範域を近世村(「藩政村」)=大字=農業集落と定義したことに着目し,三者が統計的に一致しないとして,齋藤の自治村落論を覆そうとした(「範域論争」)。先行研究を概観した結果,日本の農村社会では古代から近代まで行政単位も生産単位も分裂や統合を繰り返しており,近世村・大字・農業集落の関係は時代によって異なることが判明した。よって,範域論争は自治村落論の根幹を覆すような批判ではなく,論争の影響は部分的なものに限定されるといえる。
索引語自治村落論;範域論争;近世村;通史的検討;範域;齋藤;批判;大字;農業集落;力
引用文献数75
登録日2018年07月18日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat