ブロイラー初生ヒナへの飼料給与の開始日齢が鶏肉の脂質過酸化,ドリップ量,肉色,低分子代謝産物濃度,および味認識装置により測定された味覚特性に及ぼす影響

ブロイラー初生ヒナへの飼料給与の開始日齢が鶏肉の脂質過酸化,ドリップ量,肉色,低分子代謝産物濃度,および味認識装置により測定された味覚特性に及ぼす影響

レコードナンバー921920論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名井尻 大地
宝蔵 直樹
島元 紗希
川口 真奈
古川 愛理
多田 司
友永 省三
中島 一喜
大塚 彰
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ89巻・ 2号, p.191-198(2018-05)ISSN1346907X
全文表示PDFファイル (1917KB) 
抄録本研究では,ブロイラー初生ヒナに対する飼料給与の開始日齢が出荷時の肉質に及ぼす影響を調べた。0日齢ブロイラー(チャンキー系ROSS308オス)12羽を2区に分け,飼料給与を0日齢から開始した対照区と2日齢から開始した遅延区とした。両区ともに平均体重が2.2kgに達した時点で屠殺・解体した。平均体重が2.2kgに達した日齢は,対照区が55日であったのに対して,遅延区では60日であった。遅延区のムネ肉は,抗酸化酵素の遺伝子発現量およびα-トコフェロール含量に低下がみられ,脂質過酸化度が増加した。48時間保蔵後のドリップロスは遅延区で増加し,遅延区のムネ肉の色値は,明度が高く,赤色度が低かった。さらに,ムネ肉スープの呈味成分の分析を行った結果,遅延区のムネ肉は,対照区と比較して旨味および旨味コクが低い値を示した。以上より,飼料給与の開始日齢は,ブロイラーのムネ肉の脂質過酸化度やドリップ量,肉色,呈味成分に影響することが示唆された。
索引語遅延区;飼料給与;ムネ肉;開始日齢;影響;呈味成分;対照区;脂質過酸化;ドリップ量;開始
引用文献数23
登録日2018年08月02日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat