オリーブ葉の乾燥条件の検討

オリーブ葉の乾燥条件の検討

レコードナンバー922550論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024257NACSIS書誌IDAA1156024X
著者名柴崎 博行
書誌名研究報告
別誌名香川県産業技術センター研究報告
発行元香川県産業技術センター
巻号,ページ18号, p.85-87(2018-06)ISSN13465236
全文表示PDFファイル (1511KB) 
抄録オリーブ葉の利活用のため,葉の水分及び特徴的なポリフェノール成分であるOleuropein(オレウロペイン)の挙動に与える乾燥処理時の温度及び時間の影響について検討を行った。乾燥の進行による水分の減少は80℃以上の乾燥温度では2時間で定常となったが,60℃では8時間を要し,40℃では8時間でも不十分であった。乾物あたりのOleuropein含量は80℃以上では乾燥前と比べて大きく増大することが分かった。
索引語オリーブ葉;検討;水分;葉;時間;2時間;乾燥条件;乾燥;温度;利活用
引用文献数6
登録日2018年10月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat