里山における竹資源管理のあり方

里山における竹資源管理のあり方

レコードナンバー922657論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20041572NACSIS書誌IDAA12598816
著者名柴田 昌三
書誌名JATAFFジャーナル = JATAFF journal
発行元農林水産・食品産業技術振興協会
巻号,ページ6巻・ 8号, p.6-11(2018-08)ISSN21874948
全文表示
抄録竹林は,我が国の里山を構成する一要素として重要な位置を占めてきた。それらは家族労働力によって小規模に維持される場合が多く,効率的な資源獲得を目指した独特の管理技術が編み出されてきた。現在の竹資源利用を考える上でも,これらの技術を参考にすることは重要である。本稿では,これまでの竹資源利用の変遷とそれに伴って培われてきた技術を概観した上で,変質した現在の里山における竹資源利用とその管理方法について考察したい。
索引語里山;技術;竹資源利用;それら;竹資源管理;あり方;竹林;我が国;構成;一要素
引用文献数5
登録日2018年10月18日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat