漁業協同組合取引実績と銘柄内甲幅組成から見た雌ズワイガニ漁獲サイズの経年変化

漁業協同組合取引実績と銘柄内甲幅組成から見た雌ズワイガニ漁獲サイズの経年変化

レコードナンバー922677論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20015015NACSIS書誌IDAN10063434
著者名森山 充
書誌名水産海洋研究
別誌名Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography
発行元水産海洋学会
巻号,ページ82巻・ 3号, p.127-130(2018-08)ISSN09161562
全文表示
抄録取引の結果から,漁協に水揚げされた漁獲物のサイズについての経年変化を調べた。越前町漁協が取引に用いている受託販売品売立書を使用し,2006,2011および2016年漁解禁直後の雌ズワイガニの銘柄別漁獲尾数を調べ,水産試験場が行う銘柄別甲幅組成の測定結果と合わせて漁獲物の平均甲幅を推定した。その結果,銘柄組成は小型銘柄にシフトした一方,銘柄別の甲幅組成は大型化した。両者から推定した2011年の平均甲幅は2006年よりも小さくなったが,2016年は2011年よりも大きくなった。以上の結果から,市場における銘柄組成の小型化は漁獲物全体の甲幅組成の小型化を意味している訳ではないと結論された。今回行った解析は日常的な漁協の商行為の結果と水産試験場が毎年実施している甲幅測定の結果から実施可能であり,データ蓄積の継続性からも有用な方法であると言える。
索引語結果;甲幅組成;経年変化;漁協;漁獲物;取引;水産試験場;平均甲幅;推定;銘柄組成
引用文献数11
登録日2018年10月18日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat