新しい植物バイオテクノロジーの農業への展開

新しい植物バイオテクノロジーの農業への展開

レコードナンバー922704論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20534358NACSIS書誌IDAA12721071
論文副題ゲノム編集技術による高機能作物の育種に向けて
著者名島田 浩章
書誌名JSM Mycotoxins
別誌名マイコトキシン : 日本マイコトキシン学会報
発行元日本マイコトキシン学会
巻号,ページ68巻・ 2号, p.99-104(2018-07)ISSN02851466
全文表示PDFファイル (699KB) 
抄録現在の農業で栽培されている作物はさまざまな品種改良を受けている。品種改良は,良さそうな形質をもつ植物を交配し,その子孫の中から求める形質を集積した個体を選ぶ交配育種や,放射線や薬剤を利用して人為的な突然変異を誘発し,生じた変異体から有用なものを選ぶ変異体育種が広く行われている。近年は,組換えDNA技術を用いて新たな形質を導入した作物が開発され,広く流通している。ゲノム編集は2010年頃に開発され,CRISPR/Cas9などの特定の配列を認識して切断する人工ヌクレアーゼを用いて特定の遺伝子に変異を導入する技術である。これにより狙った遺伝子の変異体が得られる。われわれは翻訳エンハンサーであるdMac3を利用した植物用に最適化したゲノム編集システムを開発した。ジャガイモは4倍体ゲノムを有する。塊茎のデンプン中のアミロースの産生に関わる顆粒結合型デンプン合成酵素遺伝子(GBSS)を標的とするCRISPR/Cas9遺伝子を利用することで,4つの対立遺伝子のすべてに変異が導入された変異体が得られた。変異体ジャガイモの塊茎に含まれるデンプンは低アミロースの形質を有することが分かった。
索引語形質;変異体;利用;導入;開発;農業;変異;遺伝子;作物;品種改良
引用文献数2
登録日2018年10月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat