2花蕾収穫によるブロッコリー増収技術

2花蕾収穫によるブロッコリー増収技術

レコードナンバー922804論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20530702NACSIS書誌IDAA12706883
著者名佐藤 佳宏
書誌名徳島県立農林水産総合技術支援センター研究報告 = Bulletin of Tokushima Agriculture, Forestry and Fisheries Technology Support Center
別誌名徳島農技セ研報
発行元徳島県立農林水産総合技術支援センター
巻号,ページ2号, p.13-19(2015-11)ISSN21891176
全文表示PDFファイル (5008KB) 
抄録ブロッコリーの秋定植,春収穫作型における頂花蕾と側花蕾の1株2花蕾収穫技術を確立した。品種は,低温に鈍感で旺盛な側枝が発生する‘グランドーム’が適していた。施肥量は,慣行より2割程度多く施用することにより,側花蕾の収量が増加した。不織布のべたがけ被覆は,地温が上昇し,無被覆に比べ生育が旺盛になり,頂花蕾・側花蕾とも収量が増加した。11月10日前後に定植し,べたがけ被覆を行うことで4月に頂花蕾が収穫でき,その後5月に側花蕾が収穫できる。
索引語側花蕾;べたがけ被覆;頂花蕾;収穫;収量;増加;低温;被覆;2花蕾収穫;ブロッコリー増収技術
引用文献数3
登録日2018年11月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat