軽量性を考慮した刈払機の低振動化

軽量性を考慮した刈払機の低振動化

レコードナンバー922998論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20515375NACSIS書誌IDAA12654054
論文副題質量増加を伴わない刈払機高周波振動の低減
著者名吉田 準史
植村 将典
宮川 茂
大野 照仁
石川 大芽
書誌名農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
発行元農業食料工学会
巻号,ページ76巻・ 1号, p.99-106(2014-01)ISSN2188224X
全文表示PDFファイル (3702KB) 
抄録本研究では,安全性や作業性向上の為に開発された刈払機の振動低減を目的に検討を行なった。刈払機エンジン稼働時のハンドル振動測定の結果,当該刈払機は特に100Hz以下の低周波域よりも100~250Hz帯域の高周波振動が大きく,手腕振動感覚を悪化させていることが判明した。さらに詳細解析の結果,ハンドルパイプ構造が高周波振動を増加させていることも明らかになった。そこで,本体質量を増加せずに高周波振動を低減するため,パイプ厚を薄肉化し,それにより低減した質量を高振幅部位に集中マスとして付加した。さらにラバーブッシュ特性も変更することで,質量や低周波振動は増加させずに高周波振動の大幅な低減を実現した。
索引語低減;高周波振動;質量;増加;刈払機;結果;作業性向上;軽量性;考慮;低振動化
引用文献数7
登録日2018年12月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat