インドネシアカンパー区の小規模米作農業における三種の耕うん機の経済的・機能的評価

インドネシアカンパー区の小規模米作農業における三種の耕うん機の経済的・機能的評価

レコードナンバー923254論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20515375NACSIS書誌IDAA12654054
著者名Paman U.
稲葉 繁樹
内田 進
書誌名農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
発行元農業食料工学会
巻号,ページ77巻・ 5号, p.363-370(2015-09)ISSN2188224X
全文表示PDFファイル (1308KB) 
抄録インドネシア,カンバー地域において,3種類の耕うん機についてコストと作業性能についての現地調査を実施した。この地域の7つの地区の中からロータリ式22台,はつ土板プラウ式11台,フロート式耕うん機27台を調査対象とし,2012年および2013年においてこれらの機械の管理者・作業従事者・整備士に対するインタビューを実施してデータの収集を行った。その結果,フロート式耕うん機が,作業能率,運用コスト,利益において最適であるとの結論が得られた。耕うん機における損益分岐点は3.07ha/1シーズンであった。それゆえ,性能面・経済面ならびに所有を正当化する理由として,本研究では該当農家に対しフロート式耕うん機の選択を提案する。
索引語耕うん機;三種;経済的;フロート式耕うん機;実施;地域;中;最適;インドネシアカンパー区;小規模米作農業
引用文献数29
登録日2019年01月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat