吉野川汽水域におけるヤマトシジミの幼貝と成貝の分布,成長および減少要因

吉野川汽水域におけるヤマトシジミの幼貝と成貝の分布,成長および減少要因

レコードナンバー923329論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20532787NACSIS書誌IDAA12715782
著者名西岡 智哉
酒井 基介
平野 匠
住友 寿明
書誌名徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究課研究報告 = Bulletin of Tokushima Prefectural Agriculture, Forestry and Fisheries Technology Support Center Fisheries Research Institute
別誌名Bull. Tokushima. Pref. Fish. Res. Ins.
徳島水研報
発行元徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究課
巻号,ページ10号, p.1-6(2015-03)ISSN24238848
全文表示PDFファイル (3468KB) 
抄録2009年7月から2011年6月にかけて,吉野川汽水域において,ヤマトシジミの幼貝および成貝の分布,成長および減少要因について調べた。その結果,吉野川においては,幼貝,成貝とも第十北から応神にかけて分布することがわかった。また,ヤマトシジミが殻長15mmに達し,成熟するまでに3年を要すること,幼貝の密度は高いが成貝が著しく少ないことが明らかにされた。その理由として,成貝に達するまでにほとんどの個体が大雨による増水後に流出していることが示唆され,その影響は上流部ほど強かった。下流域では幼貝および成貝ともに個体数が少なく,高塩分にさらされることで着底稚貝が死亡している可能性がある。
索引語成貝;幼貝;吉野川汽水域;減少要因;ヤマトシジミ;分布;成長;貝;第十北;ほとんど
引用文献数14
登録日2019年01月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat