事故現場の地形に基づくトラクタの挙動に関する研究

事故現場の地形に基づくトラクタの挙動に関する研究

レコードナンバー925021論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20515375NACSIS書誌IDAA12654054
論文副題前輪スイング機構のモデリングと重心変化による転倒への影響
著者名松井 正実
青柳 悠也
森尾 大貴
田村 孝浩
内川 義行
木村 智之
書誌名農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
発行元農業食料工学会
巻号,ページ79巻・ 1号, p.59-65(2017-01)ISSN2188224X
全文表示PDFファイル (383KB) 
抄録傾斜地を走行するトラクタ挙動は上下・ピッチング・ローリングおよび前後進により表現可能であることから,前輪にスイング機構を有するトラクタのこれらの運動方程式を用いて,支持条件の違いによる挙動特性について考察を行った。また実際に転倒事故が起きた傾斜地における挙動シミュレーションを行い,重心変化による前後転倒への影響について考察を行った。その結果,スイング機構が有る場合は後輪に作用する反力に依存した挙動を示し,無い場合は前後輪の反力に依存した挙動を示すことを明らかにした。また,本供試条件において前後方向への転倒事故を防止する重心位置は後軸から軸距の32~65%であり,最適値は49%の位置にあることを明らかにした。
索引語挙動;トラクタ;重心変化;影響;傾斜地;スイング機構;考察;反力;依存;用いて
引用文献数6
登録日2019年04月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat