循環式乾燥機を利用した飼料用米の高温熱風による効率的乾燥に関する研究

循環式乾燥機を利用した飼料用米の高温熱風による効率的乾燥に関する研究

レコードナンバー925035論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20515375NACSIS書誌IDAA12654054
著者名土師 健
野田 崇啓
日高 靖之
書誌名農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
発行元農業食料工学会
巻号,ページ79巻・ 2号, p.186-196(2017-03)ISSN2188224X
全文表示PDFファイル (6089KB) 
抄録飼料用米の効率的な乾燥手段となる高温・高速乾燥を循環式乾燥機で実現することを目的に,燃焼バーナの毎時灯油燃焼量を市販機よりも多いものに交換した試作機を作成の上,熱風温度別の籾乾燥試験を行った。平均熱風温度は60~100℃まで10℃ごとに設定し,水分計による乾燥速度制御は行わず,熱風温度を一定とした。対照区として市販機の標準モード(40℃)を設定した。その結果,熱風温度を高くしたことで,乾燥速度は対照区の約2~4倍となり,乾減除水量1kg当たりのエネルギーは対照区よりも約10~25%少なくなった。また,熱風温度を高くしても栄養成分は減少せず,粗たんぱく質の消化性が高まる可能性があった。乾燥コストは,熱風温度が高いほど下がる傾向になり,乾減除水量1kg当たり1.6(熱風温度60℃時)~4.6円(熱風温度100℃時)低減した。平均熱風温度80℃以上で効率やコストの面で顕著な効果が確認されたが,籾が過乾燥になる傾向であるため,高温熱風時においても適正水分(14.5% w.b.)に仕上がる制御法や運転方法の検討の必要性を認めた。
索引語熱風温度;対照区;循環式乾燥機;飼料用米;市販機;設定;乾減;傾向;一定;コスト
引用文献数26
登録日2019年04月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat