近赤外分光法によるテンサイ根中成分の非破壊分析

近赤外分光法によるテンサイ根中成分の非破壊分析

レコードナンバー925057論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009215NACSIS書誌IDAN00352173
著者名阿部 英幸
田口 和憲
岡崎 和之
高橋 宙之
書誌名てん菜研究会報 = Proceedings of the Sugar Beet Research Association
別誌名Proceedings of the Japanese Society of Sugar Beet Technologists
てん菜技術連絡研究会発表論文集
てん菜研究会報
発行元甘味資源振興会
巻号,ページ49号, p.44-48(2008-07)ISSN09121048
全文表示PDFファイル (845KB) 
抄録高糖型テンサイ品種の効率的な育種を目的として,可搬型近赤外分光装置によるテンサイ根中成分の非破壊分析の可能性を検討した。波長700nm~950nmの近赤外スペクトルからPLS回帰分析によって屈折糖度、根中糖分およびアミノ態窒素について検量線を作成し,それぞれ0.55(%),0.43(%)および0.69(meq/100g)の分析誤差で定量可能であることを明らかにした。
索引語テンサイ根中成分;非破壊分析;近赤外分光法;糖型テンサイ品種;育種;可搬型近赤外分光装置;可能性;検討;近赤外スペクトル;PLS回帰分析
引用文献数4
登録日2019年04月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat