ラッキョウの省力機械化技術体系の開発

ラッキョウの省力機械化技術体系の開発

レコードナンバー925168論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011864NACSIS書誌IDAN10443402
著者名田安 拓馬
和田 陽介
村田 英一郎
田中 豊実
見延 敏幸
坪田 一良
大崎 隆幾
書誌名福井県農業試験場研究報告
別誌名福井農試研究報告
Bulletin of the Fukui Agricultural Experiment Station
発行元福井県農業試験場
巻号,ページ48号, p.7-18(2011-12)ISSN13412345
全文表示PDFファイル (16799KB) 
抄録ラッキョウ専用の半自動型植付機,掘取機,半自動型端切機を開発した。植付作業時間は手植えと比較して約60%の5時間/10a(2人作業),掘取作業時間は手掘と比較して約8%の2時間/10a(2人作業)に短縮することができ,三年子ラッキョウの植付から掘取までの総作業時間を50%短縮することができた。また,開発した端切(はしきり)機を使うことで,初めての人でも端切作業を行うことができ,仕上がりは熟練作業者と同等の処理量と切上がり精度が得られた。
索引語開発;作業時間;植付;機;ラッキョウ;省力機械化技術体系;作業;端切;人;ラッキョウ専用
引用文献数9
登録日2019年04月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat