主幹形ウンシュウミカン樹に適する着果管理機械の試作開発と作業性の評価

主幹形ウンシュウミカン樹に適する着果管理機械の試作開発と作業性の評価

レコードナンバー925337論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20515375NACSIS書誌IDAA12654054
論文副題振動摘らい機と摘果剤局所散布機の開発
著者名川崎 陽一郎
竹岡 賢二
塩田 俊
書誌名農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
発行元農業食料工学会
巻号,ページ79巻・ 6号, p.502-508(2017-11)ISSN2188224X
全文表示PDFファイル (1956KB) 
抄録主幹形ウンシュウミカン樹の着果管理の内,摘らいと摘果の効率をあげるため,小果実類に用いる振動収穫機を改造した振動摘らい機と,摘果では急傾斜地テラス園の狭い作業道幅に適合する小型クローラ型防除機を改造した摘果剤局所散布機を試作開発し,作業効率を検証した。摘らい機の摘らい速度は,人力摘らいに比較して25.5倍であり省力化が明らかになった。摘果作業では,試作開発した摘果剤を横縞状に局所散布できる摘果剤局所散布機の利用で慣行の人力間引き摘果に比べて作業時間を3%に削減でき,その精度も高かった。
索引語振動摘らい機;試作開発;摘果剤局所散布機;摘果;主幹形ウンシュウミカン樹;改造;着果管理;摘らい;小果実類;振動収穫機
引用文献数8
登録日2019年04月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat