森林小流域における降水および渓流水の水質モニタリング

森林小流域における降水および渓流水の水質モニタリング

レコードナンバー925365論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010758NACSIS書誌IDAN10164318
論文副題釜淵森林理水試験地における2000~2014年の結果
著者名篠宮 佳樹
山田 毅
平井 敬三
小野 賢二
野口 正二
久保田 多余子
阿部 俊夫
書誌名森林総合研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute
発行元森林総合研究所
巻号,ページ17巻・ 3号, p.273-303(2018-09)ISSN09164405
全文表示PDFファイル (2194KB) 
抄録我が国でも有数の積雪地である東北地方山形県の釜淵森林理水試験地1号沢における2000~2014年の降水と渓流水の主要な溶存成分濃度の年平均値と降水による年流入負荷量を算出し、それらの経年変化について報告する。試験流域の面積は3.06ha、植生は針広混交林である。降水中のNO3 -やSO4 2-の濃度に明瞭な変動傾向はみられなかった。降水による溶存態無機窒素の年平均流入負荷量は12.4kg ha-1 yr-1で、そのうちの概ね6割がNO3 - -Nであった。SO4 2-の年平均流入負荷量は63.0kg ha-1 yr-1で、そのうちの約2/3が非海塩由来であった。NO3 -やSO4 2-の年流入負荷量と年降水量との間に正の相関が認められた。NO3 -やSO4 2-の降水による年流入負荷量は、濃度より降水量に依存することが示唆された。渓流水のNO3 -の年平均濃度に変動はあったが、明瞭な経年変化は認められなかった。渓流水のSO4 2-の年平均濃度に変化はみられなかった。
索引語渓流水;降水;NO3;2014年;濃度;年流入負荷量;経年変化;うち;年平均流入負荷量;年平均濃度
引用文献数22
登録日2019年04月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat