LC-MS/MSによる野菜・果実中クロラントラニリプロールの実態調査

LC-MS/MSによる野菜・果実中クロラントラニリプロールの実態調査

レコードナンバー925506論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名中島 崇行
大塚 健治
富澤 早苗
増渕 珠子
上條 恭子
八巻 ゆみこ
吉川 聡一
長谷川 恵美
小鍛治 好恵
渡邊 趣衣
橋本 常生
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ59巻・ 5号, p.234-238(2018-10)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (756KB) 
抄録殺虫剤であるクロラントラニリプロールの実態調査を行った。試験溶液は,QuEChERS法を応用した抽出とC18/GC/PSAによる精製により調製し,LC-MS/MSにより測定・定量を行った。8食品で分析法の性能評価(n=5)を行ったところ,回収率は50.2~93.4%,RSDは9.7%以下であった。本分析法を用い,野菜207検体および果実163検体を分析したところ,検出限界(4ng/g)を超える検体数(検出率)は野菜で17検体(8.2%),果実で2検体(1.2%)であった。なかでもオクラ(10検体中4検体),パプリカ(23検体中4検体)およびトマト(6検体中2検体)の検出率が高く,さらに葉菜類では高濃度に残留している検体があり,最も高濃度の残留が認められたのは国産のみず菜(571ng/g)であった。また,国産を含めてアジア圏の検体からの検出が大半を占めた。しかし,いずれの検体においても,MRLを超える残留は認められなかったことから,クロラントラニリプロールの適切な使用が伺えた。
索引語検体;LC;クロラントラニリプロール;残留;野菜;実態調査;果実中クロラントラニリプロール;検出率;高濃度;PSA
引用文献数9
登録日2019年04月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat