きのこの菌床栽培袋を用いた効率的なマツノザイセンチュウの大量増殖

きのこの菌床栽培袋を用いた効率的なマツノザイセンチュウの大量増殖

レコードナンバー925530論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名宮下 智弘
中村 人史
渡部 公一
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ100巻・ 5号, p.182-185(2018-10)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (987KB) 
抄録マツノザイセンチュウ(以下,線虫と呼ぶ)の大量増殖方法は,精麦したオオムギを用いた培地20gをガラスシャーレに入れて培養する手法が一般的であるが,必要な線虫数が多いと培養にかかる作業量が過大になりがちである。そこで著者らは,食用きのこの菌床栽培に用いられる栽培袋に着目し,この袋に多量のオオムギを入れることにより作業効率が向上できないか検討した。オオムギを用いた培地を計2,000g入れたシャーレ100枚と,計1,700g入れた栽培袋6袋で培養を行った。その結果,菌床用栽培袋でも線虫を培養することが可能であった。両者の採取できた線虫数に大きな違いはなかったが,線虫の培養にかかる一連の作業時間は前者が407分,後者が76分と大きく異なった。栽培袋による作業時間はシャーレの場合と比べて20%程度となった。栽培袋を用いることによって,線虫の培養作業を大幅に効率化できると考えられた。
索引語培養;マツノザイセンチュウ;線虫;作業時間;栽培袋;オオムギ;袋;一連;シャーレ;きのこ
引用文献数14
登録日2019年04月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat