ケンタッキーブルーグラス(Poa pratensis L.)を基幹とする放牧草地の省力的利用管理技術(2)

ケンタッキーブルーグラス(Poa pratensis L.)を基幹とする放牧草地の省力的利用管理技術(2)

レコードナンバー925542論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
論文副題固定放牧条件下における減肥と早期入牧が家畜や草地の生産性に及ぼす影響
著者名八木 隆徳
高橋 俊
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ64巻・ 3号, p.163-170(2018-10)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (981KB) 
抄録ケンタッキーブルーグラス-シロクローバ混播草地のための省力的な放牧利用技術を確立するため,ホルスタイン種育成牛を固定放牧し,入牧時期ならびに施肥量が植生,草地と家畜生産性に及ぼす影響を3年間調査した。対照区は草丈12cmで入牧し,施肥は標準施肥量(72-96-132(N-P2O5-K2O)kg/ha)を年間3回に均等施用した。平準化区では余剰草発生を抑制するため,草丈5cmで入牧し,年間施肥量を対照区の1/3に減肥してスプリングフラッシュ後に一括施用した。その結果,平準化区では6月の急激な草量増加は抑制され,シロクローバ乾物重量割合は高く推移した。TDN含量およびCP含量の年間平均値は平準化区の方が高かった。平準化区の延べ放牧頭数は547頭日/ha,ha当たり増体量は862kg/ha,日増体量は0.981kg/頭/日となり,対照区と同等であった。以上のことから,ケンタッキーブルーグラス-シロクローバ混播草地において固定放牧を実施する際に,入牧の早期化と減肥は省力管理に有効であることが示された。
索引語減肥;平準化区;シロクローバ混播草地;固定放牧;ケンタッキーブルーグラス;入牧;対照区;草地;影響;抑制
引用文献数22
登録日2019年04月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat