斜面走行時の自脱コンバインの挙動に関する考察

斜面走行時の自脱コンバインの挙動に関する考察

レコードナンバー925556論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20515375NACSIS書誌IDAA12654054
著者名松井 正実
三浦 秦
青柳 悠也
福島 崇志
書誌名農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
発行元農業食料工学会
巻号,ページ80巻・ 2号, p.107-113(2018-03)ISSN2188224X
全文表示PDFファイル (414KB) 
抄録自脱コンバインは,トラックへの積み下ろしや圃場への出入りの際にピッチング方向の機体姿勢が急速に変化し,オペレータの転落や転倒事故に繋がる可能性がある。本研究では,このような自脱コンバインの挙動を力学的に解明するために,上下・ピッチング・ローリングに加え,前後方向を考慮した4自由度での挙動モデルを立案した。また,これらの挙動モデルを用いて剛性傾斜路面走行時の挙動シミュレーションを行った。その結果,圃場進入時を想定した前進降り,および後進登坂終了時に転倒し易いことがわかった。これら転倒防止のためには,路面傾斜角度23°以下,走行速度0.25m/s以下で走行する必要があることが明らかになった。
索引語自脱コンバイン;挙動;挙動モデル;ピッチング方向;機体姿勢;転倒事故;本研究;前後方向;4自由度;考察
引用文献数5
登録日2019年04月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat