水田転換畑における黒大豆の土壌施肥管理技術に関する研究(2)

水田転換畑における黒大豆の土壌施肥管理技術に関する研究(2)

レコードナンバー925600論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039517NACSIS書誌IDAA12515637
論文副題黒大豆に対する堆肥連用の影響
著者名森次 真一
鷲尾 建紀
書誌名岡山県農林水産総合センター農業研究所研究報告 = Bulletin of the Research Institute for Agriculture Okayama Prefectural Technology Center for Agriculture, Forestry, and Fisheries
発行元岡山県農林水産総合センター農業研究所
巻号,ページ8号, p.19-28(2017-12)ISSN21858039
全文表示PDFファイル (2360KB) 
抄録黒大豆栽培における地力の維持・向上対策として有機物の施用効果をみるために,水田転換畑で牛ふん堆肥20t/haを4年間連用し,黒大豆の生育,収量及び土壌肥沃度への影響について検討した。1. 黒大豆に対する堆肥の施用効果は,連用初期には現れず,連用年数の進行に伴い発現し,連用4年目で主茎長や節数の増加により,堆肥を施用しない場合に比べて子実収量が増加した。この要因として,土壌肥沃度の高まりによる土壌からの養分供給効果,連用土壌からの窒素無機化量の増大,土壌物理性の改善による根圏環境の向上が推察された。2. 牛ふん堆肥20t/haの連用によって,腐植,可給態リン酸,交換性塩基成分,熱水可溶性ホウ素は,連用前の水準と比べて維持あるいは増加した。3. 土壌からの窒素無機化量は,連作の進行によって漸減したが,堆肥を連用すると堆肥を施用しない場合に比べて増加した。4. 堆肥の連用によって,仮比重が低下し,粗孔隙率が増加した。
索引語堆肥;黒大豆;増加;連用;水田転換畑;土壌;影響;施用;維持;施用効果
引用文献数13
登録日2019年04月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat