食肉製品由来乳酸菌培養液を用いた浸漬処理による豚肉の物性と微生物への影響

食肉製品由来乳酸菌培養液を用いた浸漬処理による豚肉の物性と微生物への影響

レコードナンバー925774論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名竹田 志郎
和賀 正洋
坂田 亮一
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ89巻・ 4号, p.451-458(2018-11)ISSN1346907X
全文表示PDFファイル (877KB) 
抄録本研究では,生理活性を有する発酵食肉製品製造用スターターとして有用な乳酸菌株を使用し,それらの培養液浸漬による豚肉の物性と微生物への影響について調べた。豚肉を各供試乳酸菌株培養液に浸漬した結果,Lactobacillus sakei No.23株(LS-23)培養液に浸漬した豚肉の最大荷重は,未処理および標準菌株培養液で浸漬した豚肉と比べ,有意に低値であった(P<0.05)。またLS-23培養液に浸漬した豚肉はSDS-PAGEにおいて分子量100kDa以上のバンドの消失,著しいpHの低下,乳酸濃度の上昇が認められた。さらにLS-23培養液浸漬により,豚肉由来の黄色ブドウ球菌と低温細菌生菌数の減少が確認された。以上より豚肉をLS-23培養液に浸漬させることは,その最大荷重の低下による物性の向上,特に軟化効果と汚染菌の生菌数減少効果があると示唆され,食肉加工におけるマリネード液やバイオプリザベーションとしての応用が期待された。
索引語浸漬;豚肉;物性;微生物;影響;最大荷重;低下;各供試乳酸菌株培養液;培養液;SDS-PAGE
引用文献数29
登録日2019年05月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat